うつ病

うつ病とは、神経伝達物質であるノルエピネフリンあるいはセロトニンの脳内での機能的減少が原因と推定されている病気です。

つまり、喜びや悲しみなどを感じるという脳の働きを支えている神経伝達物質の調子が乱れていると考えられています。強いストレスや悲しみ、恐怖がきっかけで起こることもありますし、特に誘引がないこともありますが、いずれにしても脳内では似たような現象が起きているわけです。

また、急激に強い症状が出現するものもありますし、だらだらと軽い症状が続くものもあります。前者は以下の治療により比較的に速やかに治ります。後者はカウンセリングなどを取り入れて気長に取り組む必要があります。

治療

治療は休養と抗うつ薬の服用です。抗うつ薬は、減少している神経伝達物質の量を正常に近い状態に戻します。不眠を伴っている場合は睡眠薬も併用します。

また、ストレスなどの心因を取り除くことや、休養も非常に重要です。体の病気でも休むだけで治ることがあるように、心の病気も休むだけで治ることもあります。うつ病が風邪に例えられることが多いのはそのせいでしょうが、こじらせると大変なのも同じです。元々休むことが苦手な人がなりやすい病気なので休養の重要性はいくら強調しても足りないぐらいです。

うつ病は病気だということを理解し、適切に治療をすることが大切です。ご自分で気づくことが難しいこともありますので、周りから勧められたり、もしかしたらと思ったらお早めにご相談ください。

TOPへ戻る
事前WEB問診