他の科から精神科・心療内科の受診をすすめられた方に

内科や循環器科、消化器科などを受診していて、精神科や心療内科の受診を勧められることがあります。そんな時に、患者様の中には「つらい症状は気のせい」と言われているように感じて「この症状は治らない」と思ってしまうケースがあります。
他科の医師が、精神科や心療内科受診をお勧めする際には、患者様の症状を精神科や心療内科であれば解消できると考えています。また、内科疾患には、悪化や進行にストレスなどが大きく関わるため精神科や心療内科領域の治療を必要とすることがあります。そうした場合には、専門医師の治療や処方を受けることが必要になりますので、精神科や心療内科の受診をお勧めするのは当然のことです。

精神科・心療内科の疾患は一般の方に誤解されていることが多いのですが、どなたでもなる可能性のある疾患が多く、専門医師による適切な治療を受ける重要性が高いという特徴があります。

重要なのは、つらい症状をできるだけ早くなくして、再発を防ぎながら快適な生活を送れるようにすることです。そのために最も役立ち、安心できる治療を受けることができる診療科を受診することは不可欠です。

当院では、様々な症状や疾患にお悩みのある方が、少しでも穏やかに生活できるようになることを考えた治療とサポートを行っています。気兼ねなくご相談いただけますので、お気軽にいらしてください。

他科からのご紹介が多い疾患

心身症

ストレスが発症や悪化に大きく影響する疾患全体を含みます。代表的な疾患である過敏性腸症候群は、自律神経が消化器官をコントロールしているため、ストレスの影響を大きく受けます。胃潰瘍なども心身症によって起こるタイプがあります。こうした疾患には症状を緩和する内科治療も有効ですが、根本的な原因にアプローチするためにはストレスの解消が必要です。精神科・心療内科では、ストレスという側面からの治療を行うことで、症状緩和や再発防止につなげます。向精神薬、漢方薬などを使った治療が有効なケースもあります。

身体表現性障害

身体にしびれや痛みを起こしますが、検査をしても異常が見つからない疾患です。最近になって、この疾患が脳の血流などに問題があって起こっていることがわかってきています。症状の改善には向精神薬や電気けいれん療法(ECT)が有効です。原因不明の痛みやしびれがある場合にはご相談ください。なお、当院では電気けいれん療法(ECT)を行っていませんが、この治療が必要な場合には提携病院などをご紹介しています。

うつ病・不安障害に伴う身体症状

うつ病や不安障害は、気分の落ち込みや不安だけでなく、頭痛、腹痛、倦怠感、めまいといった身体的な症状を起こすことが珍しくありません。こうした症状も、原因疾患の適切な治療によって改善に向かいます。

TOPへ戻る
事前WEB問診