急性ストレス障害・PTSD

急性ストレス障害やPTSDはストレス関連障害の一種です。ストレス関連障害とは特定しやすいストレスがもとで心身の失調をきたす病気です。大きく分類すると

  • 適応障害
  • 急性ストレス障害
  • 心的外傷後ストレス障害(PTSD)

に分類されます。症状の出現の仕方、程度によって、急性ストレス障害からPTSDに移行したり、適応障害からうつ病に移行したりと診断が変化することもあります。適応障害うつ病についてはそれぞれの項をご参照ください。

急性ストレス障害とPTSDにおけるストレスとは、事故、災害、暴力などの命の危険にさらされるような、明らかに強いショックを受けると推測される非日常的な出来事、いわゆる「トラウマ」を指します。短期的に回復するか、長期的に持続するかで診断で分かれます。

トラウマの場面やシーンが繰り返し浮かぶ、衝撃や感覚が急によみがえったりする、それに影響されて寝つきが悪くなる、悪夢を見る、思い出させたり刺激になるようなものを避ける、アルコールや依存物質に回避する、気分や情緒が不安定になる、などの症状が出現します。

治療

トラウマに伴う苦しみは、実際に経験した人にしか理解しがたく、また個人差があるため、周囲に相談してもかえって傷や孤独感が深まってしまうことがあります。治療としては心理療法と薬物療法を組み合わせて行います。心理療法では安心して話せる環境を作ることがとても大切です。健全な部分を強め自分自身をコントロールできるという感覚を育む、安全な環境で敢えてトラウマになった体験について扱い慣れていく、などが要点となります。薬物療法は補助的ではありますが有効なことも多いです。治療経過は個人差が大きいですが、いずれにしても焦らず構えていくことが肝要と思われます。

TOPへ戻る
事前WEB問診